顔面神経麻痺
 顔面神経麻痺を考える9
 顔の表情        こんた治療院
 
   

 あまりにもその無謀な指導には、絶句しています。その無謀な指導とは、「顔面神経麻痺になったら、普段でも表情を作ってはならない、ポーカーフェイスでいろ!」という指導です。
 こんたは、この発言に対して、断固反対いたします。私が言い続けているのはどういう事なのか?もしもそうした指導の下にポーカーフェイスを続けている人がいるのならば、このコンテンツが参考になればと思い、緊急アップです!
 

 
顔の無理な運動とは故意に連続した運動を指す
 
 

 私のコンテンツで共同運動について少数ではありますが、その問題点等を指摘しておりますが、従来の顔の体操やリハビリについての問題点を医学的理念と臨床的概念に基づいて考えています。
 その考えの中で顔の体操、リハビリは正確な運動を呈さない、つまりトリックモーションであるという事を書いております。トリックモーションは代償性運動ともいい、従来の正確性を欠いた動きとも書く事ができます。
 ですから、その動かない顔の筋肉(表情筋)に対する運動は、骨格筋(関節を介して運動できる)でないが故に正確な運動ができないという事です。こうした無理な運動を連続で続ける事は、さらに共同運動を強調する問題があると指摘しての内容です。

 
 
生活における表情はむしろ自然に!
 
 
神経の伝達のお話
 
 

 みなさんは、「アルプスの少女ハイジ」のお話は御存知でしょうか?私はこのハイジに出てくる、少女クララのお話を例にとって、神経伝達のお話をする事がしばしばあります。この少女クララは車椅子に乗った少女ですが、長い間、両下肢が麻痺して使えずにいたところ、主人公ハイジの心の叫びによって、自らを奮い立たせながら立って歩くという1シーンのお話をピックアップします。
  このクララの下肢への神経はすでに完治していたのですが、当時にはリハビリという概念もなく、こうした人たちが多く、この物語は奇跡的にという設定ですが、現在の医学的リハビリにおいては受傷後、リハビリテーションプログラムが組まれて、予後も良い人も多くなっています。
 この様に、神経麻痺を呈する疾患の場合には、神経回復治療のポイントとして、動かない神経に対しても伝達経路を意識させたリハビリテクニックが使われます。動かない足に対しても、他動的に動かしながらも患者に対しては足のポイントをタッピンク(軽くたたく)したりしながら、常にどこに意識を持ってゆくかという事を指摘しながら運動療法をします。これが中枢神経(脳や脊髄)から末梢神経への神経伝達を促す行為なのです。
  おさらいをすると、こうしたクララの様に神経は回復しているとしても、長い間、神経の伝達という事がされていない神経は動かないという事なのです。だから理学療法士が手掛ける神経麻痺のリハビリテーションは、そうした動かないと知っていながらも、イメージによって神経の伝達作業をしているのです。
アニメのお話からでしたが、昔はリハビリという概念も浅く、現在ではこうした治療を行う事で回復に向けたアプローチをしているのだというお話です。
 

 
 
ポーカーフェイスは神経伝達を阻止するに値するものである
 顔は自然でいいんです
 
 

 では、共同運動を恐れる事でポーカーフェイスを維持しているリスクとはどんなものか?まずは心の問題に直面するはずです。
  自分の感情を押さえ込む=ポーカーフェイスですから、あなたの気持の表現が何一つできなくなります。すると、ただでさえこの顔面神経麻痺がうつ症状を招き易い健康状態なのですから、こうした感情を押さえること事体が、鬱(うつ)への扉を開いてしまいます。仕事や生活の中で数週間から数カ月もこのような状況でいること事体が異常であると考えるべきです。顔面神経麻痺になり、同時に心療内科にもかかる人も多いのに、こうした誤った指導により、さらに感情を表現できない立場に追い込むことはナンセンスと私は強く感じます。
 ポーカーフェイスは神経伝達を阻止するに値するものである。伝達がされない神経は完治しても動きがとれないことは上段で書いたとおりですが、この表情筋は感情を表情に表す特殊な機能を持っています。つまり自分の思う気持が表情として表れるのですから、ポーカーフェイスを上手に意識できているという状況では、そこからの離脱が非常に難しいことは心療内科の専門医師ならとても理解していただける困難な状況であると思います。
 『では、そろそろポーカーフェイスを解除して笑って下さい。』とでも言って、表情筋を活動させるのでしょうか?私にはこうした治療は理解できない。こうした状況下で、すぐに笑える人は一人もいないと思います。きっと恐くて顔を動かすことができなくなっているはずです。長い間感情を抑えていると、顔なんて動かすことができない事が解らないのでしょうか?人は機械の様に簡単に機能を停止させ、すぐに動くものではありません。
 リスクとして心の問題、神経伝達の問題、その後のフォローアップの問題をどの様に解決してゆくのか私には、ポーカーフェイスを単に共同運動防止策として推奨する意味が理解できないことです。

 
 

私の指導は、顔から意識を無くすという指導。

 
 

 私の指導は、顔は自然に過ごすことをお話ししています。たいがいの人は私のところへ来る前に、顔の体操やリハビリ等を指導されてきますので、そうした習慣からの離脱をはかるために、まずは気にせずに顔から意識を取り去ることから指導してゆきます。
  鏡を見て顔を作ったりという事を指導されてくると、普段の生活でも口や目を強く閉じたりするようになりますので、こうした故意にする動作の習慣化を防ぎます。至極普通に生活すればそれで良いのです。お友達と会話して笑ってもなんら問題は生じません。顔の運動の連続した習慣化がなければそれで問題はないのです。
 自然な状況は神経伝達を促進させるはずです。まずは心をリラックスさせながら、ゆっくりと自分の明るさを取り戻しながら、ぼちぼちとやってゆくつもりで気持を落ち着けてゆく事が大切です。
 そうして行くうちに段々と、顔の事が気にならなく時間が増えてゆきますので、そうした時間が大切なのだと言う事です。そうして顔の事を忘れている時間が増えれば、もう顔から意識を無くすなんて事は考えなくともよいのです。それがとても良いリハビリであると考えています。
 このコンテンツだけを読んでいる方は、是非に顔面神経麻痺を考えるのコンテンツを総て読んで下さいませ。私の考えを細かく載せてありますので、そこからも今回の内容が浮かんでくると思います。

 
 
ホウレイ線の話
 
 

 ホウレイ線の話はまた詳しく記載しなければと思いますので、今回はまず顔から意識を無くし普段道理の表情で過ごす事が大切であるとお話ししておきます。

 ◎顔面神経麻痺を考える15 ホウレイ線をupしました。なぜ?ホウレイ線が濃くなってくるのかを説明しています。

 

顔面神経麻痺を考える

 このフレームをご利用いただくと、コンテンツ1〜総てまでの閲覧が便利です。

顔面神経麻痺を考える1 総合

 顔面神経麻痺を考えるtop

顔面神経麻痺を考える2 ケア編

 顔面神経麻痺のケアについての特集をしています。お口の体操やマッサージの仕方を載せてありますので、御覧になって下さい。

顔面神経麻痺を考える3 心理編

 顔面神経麻痺を考えるをUPしてから、皆さんからの相談メールが連日の様に届きます。その中には、実は自分の子供、親や兄弟、友達や恋人を心配してどの様にケアしてゆくのか?どう接していったらよいのか?という本人以外の人の問い合わせも多いのです。
 そこで、私が顔面神経麻痺になった時の経験を生かして、お互いにどう接したらよいのかを考えてみました。

顔面神経麻痺を考える4 原因究明編

 皆様の疑問や相談に関してもっとも多かった内容をピックアップして考えています。それにより少しでも皆さんの不安要素の解決につながるお手伝いができたらと思います。

顔面神経麻痺を考える5 後遺症編1

 顔面神経麻痺の後遺症についてのお話です。顔面神経麻痺の患者側にとっての最大のポイントは、後遺症といっても過言ではありません。医療側にとってはその原因追究が主たるもので、症状が落ち着くと神経麻痺の回復がどれだけか評価表をつけるだけの作業の様子。『調子はどうですか?』と聞かれ、答えると『これには時間がかかりますからね〜っ』という返事。
  本当にこんな事で神経は回復するのか?自然に回復するのか?…。

顔面神経麻痺を考える6
 後遺症編 2 
病的共同運動を回避する

 顔面神経麻痺の回復期に起こる共同運動についてのお話、後遺症についての第2弾です。顔面神経麻痺を考えるを執筆する様になって、平成13年の11月にUPした顔面神経麻痺についても今回で6枚目のUPになります。
 病的共同運動については当時からたくさんの質問メールが届いていました。来院される患者さんにも質問を受けてお話をする事も当然多くありました。そんな病的共同運動についての問題は非常に複雑な内容です。

顔面神経麻痺を考える6.1 
後遺症編 3 
病的共同運動を考える

 なぜ?低周波や顔面の運動(自動運動)を推奨しないのかを書きました。実質的に後遺症についてのお話で第3弾です。小児の顔面神経麻痺と合わせてみていただくと理解しやすいと思います。
(H18.3.10up)

顔面神経麻痺を考える7 
小児の顔面神経麻痺 ケア編

 小児の顔面神経麻痺についてケアを中心に書きました。子どもの辛さを具体的に生活を通じての御両親へのアドバイス事項です。大人が子どもの辛さを理解する事で、顔面神経麻痺をやっつけるための内容です。(H18.3.5up)

顔面神経麻痺を考える8 
顔面体操や顔の運動について

 顔面の体操や運動はいけないというお話です。顔面神経麻痺を考える6の問題で病的共同運動を強調させる事なく、回復の経過をみつめる事が重要であると考えています。(H19.3.22)

顔面神経麻痺を考える9 
顔の表情

 顔面神経麻痺になったら、ポーカーフェイスで過ごせという指導に疑問あり。心の問題も抱えるこの病気に、更に追い打ちをかける事は許されない!(H19.5.26)

顔面神経麻痺を考える10
顔の痛み 三叉神経痛

 顔面神経麻痺に出てくる顔の痛みについてのお話です。発症時から出てくる痛みと神経回復と同時に出てくる痛みのお話です。発症時から出る顔の痛みは大勢の人が訴えますが、その痛みはすぐに加療とともに落着いてきます。しかし、三叉神経痛として痛みの出るケースもあるのです。(H19.9.24) 

  顔面神経麻痺を考える<番外編>です。
 (H19.10.27)

顔面神経麻痺を考える12
トリックモーションと共同運動
アブミ骨筋性閉塞性耳鳴り

 アブミ骨筋性の耳鳴り(閉塞感をともなう)について書いています。(H19.12.14)

顔面神経麻痺を考える13
妊娠 出産

 顔面神経麻痺になった、妊婦さんや産後のお母さんのためのコンテンツです。(H20.1.14)

顔面神経麻痺を考える14
小児の生活指南、マッサージ

 小児の顔面神経麻痺2。生活指南と小児の顔のマッサージを書いています。

顔面神経麻痺を考える15 
ホウレイ線 について

 病的共同運動の強調と顔の運動による各筋肉の強調などを考えてゆく上で、こうした状況を少しずつお話ししてゆきたいと思い書いてみました。(H21.4.1)

顔面神経麻痺を考える16
原因究明編2

 ベル麻痺(原因不明)と診断を受けていても、経過の観察次第では違ってきたということもあります。こうしたケースなどは受診した科によって初期診断、検査方法が違う為に起こってきます。私たちは2度とこの麻痺を起こさない様にする為に、自分の麻痺の原因を追求せねば予防には繋がりません。(H22.6.6)

顔面神経麻痺を考える17
末梢性顔面神経麻痺の神経再教育

 末梢性顔面神経麻痺の神経回復時における、病的共同運動の強調をおさえること、これすなわち神経再教育の仕方をどうするかという事を考えなくては治療に結びつく事をができないというお話です。(H22.12.20)

顔面神経麻痺を考える18
回復の兆候

  私の臨床における主観的内容です。麻痺した神経が動き出す前に回復しているとなぜ解るのか。(H23.9.1)

顔面神経麻痺を考える19
回復の条件

 末梢性の顔面神経麻痺を回復させるために必要な条件を考えます。(H23.12.2)

顔面神経麻痺を考える20
不全麻痺と完全麻痺

 末梢性顔面神経麻痺の不全麻痺と完全麻痺について書いています。(H24.6.16)

顔面神経麻痺を考える21
随意運動と不随意運動

 顔を動かすという筋肉 表情筋。その表情筋は随意運動と不随意運動の2つからなる運動を表現している。 (H25.11.21)

顔面神経麻痺を考える22
水痘ウィルス

 水痘ウィルスに関して、私流の解説をしています。(H26.6.18)

 こんた治療院の治療室で、皆さんとお話している事など書いてみました。(H26.10.22)

顔面神経麻痺を考える24
食生活

 食生活について書いてみました。(H27.2.16)

 

 私自身も、この目に見えない得体の知れないストレスにもちろん困惑した事もありますし、他人から見れば何だそんな事と思われる内容であったと思います。いま冷静にその時の状況から分析すると、自分から見ても小さい事であったと認識しています。
 ではなぜそのような事をストレスとして受けとめてしまったのか…、をまずは初めに考えて行きましょう。

 顔面神経麻痺について専用BBSをもうけました。いろいろな事をみんなで話し合えるところを作ってみました。顔面神経麻痺を考えるを読んだ後にでも立ち寄って下さいませ。
  たくさんの人の書込みありがとうございます。みなさんが心から勇気が持てる掲示板になりました。本当に感謝いたします。

ご相談などありましたら、<治療の窓>にメールボックスが設置してあります。




当サイトに掲載のイラスト・記事・写真などの無断転載、無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2001-2017 こんた治療院 All Rights Reserved.