顔面神経麻痺
  顔面神経麻痺を考える6 
  病的共同運動       こんた治療院
 
  

 

 このお話は顔面神経麻痺の回復期に起こる共同運動についてのお話、後遺症についての各論です。
 病的共同運動については当時からたくさんの質問メールが届いていました。来院される患者さんにも質問を受けてお話をする事も当然多くありました。そんな病的共同運動についての問題は非常に複雑な内容です。
 

病的共同運動
 

 顔面神経麻痺の後遺症の最も重要な位置にいるのが、この病的共同運動なる、ある顔の動作です。その後遺症について語る前に、この病的共同運動の根本的な正体の解明を、自分自らも課題にあげて集中的に現在もしています。その結果、非常に興味深い事に気がついた点を後にコンテンツとしてアップしています。未だ載せていないものも多数ありますが、私自身長い間、この顔面神経麻痺に関しての病的共同運動の現在の医学理論には納得していないものがあると個人的に考えています。よって、教科書的なありきたりの説明はweb上でもしたくはないと考えています。そんな難しい事も含めて、この病的共同運動というものを少しだけ解説してゆきます。
 顔面神経麻痺の後遺症として代表的なもの、それが病的共同運動といわれるもので、そもそも共同運動という言葉は、脳血管障害などで中枢性神経麻痺になった患者さんで、手足に麻痺が出る運動機能障害をかかえた場合に、その手足に起こっている現象を指す言葉です。この場合は、手足を曲げる屈筋に不随的に筋収縮が起きており、手足を伸ばす伸筋の運動抑制となっているために、例えるならばクルマのアクセルとブレーキを同時に踏んで動いている状態であり、こうした屈筋が伸筋を抑制しながら動く運動を、共同運動というのです。それを顔の筋肉に直接当てはめた言葉にしてしまうと問題があるので、その前に病的と付けている事で区別をしていますが、顔の筋肉の性質として手足の様な明確な屈筋と伸筋の割当は難しいと私は考えていますので、言葉自体でもこの顔に起こる現象を解りにくくしていると考えています。
 病的共同運動の現象を具体的に書いてゆくと、いくつかのパターンがあります。1つは口を前に突き出す動作の時に患側の眼の周りの筋肉が収縮し、眼を細める動作を同時に行う。口を横に開く、いわゆる『イーッ』とする動作の時に眼の周りの筋肉が収縮する。まゆげを引き上げる動作の時に、口角が上に引っ張られる。唾を飲み込む様な動作時に、首筋から胸にかけて引っ張られるなどです。
 本来は口を前に突き出す動作では、健側の眼には力がほとんど入る事なくできるものですが、患側ではその動作で目元に力が入り易くなり、強い強調された状態ですと眼をつぶる様にまで力が入ってきます。顔面神経麻痺の場合には要求に対して、こうした2つの動作を表現している現象を病的共同運動といいます。患者さんは総てのパターンを表現するわけではなく、個人により単独のパターンもあり、複合のパターンもありと様々です。

 

顔面神経の回復とその過程
 

 顔面神経麻痺になると病院で様々な治療を受けてきます。(詳しくは 顔面神経麻痺を考える4 に記載してあります。)麻痺について皆さんがどういうものなのか?治療を受けながら知識を身につけてゆくのもこの時期でもあります。最近ではインターネットの普及にともなって顔面神経麻痺の事が非常に詳しく書かれて、医学知識を簡単に入手できるようになりました。
  その中で回復期の皆さんから一番多く届く相談が、病的共同運動についてです。『神経が回復し始めたのですが、口を横に「イーッ」とすると目が閉じてしまいます。』という文面から始まって、病的共同運動をどの様に回避したら良いのか、といった内容がおおよそです。
 この病的共同運動は、神経が回復する段階で引き起こされるものです。ですから神経麻痺が回復し出すとみなさんは喜び、これで治るんだと明るい希望を1つもらったという気持になりますが、私の治療家としての腕の見せ所は次の難関へすでに目が向いています。それはこれから起こるかも知れない病的共同運動のさらなる回避のための計画です。
 私の治療は治療開始時期から総べてこれらの合併的に起こる問題を考慮して、計画的に治療に入ります。まずは神経を回復させるための準備と顔面の筋肉の萎縮及び顔面の血行回復のための治療ですが、その中にすでに病的共同運動を回避させるための方法も加えています。
 しかしながら本当にこの共同運動の問題はやっかいな問題だと思います。

 
神経は動けばいいという問題じゃない
 

 ホームページに顔面神経麻痺の事を書くようになってから様々なメール相談の中に、相談者と担当の先生とのコミュニケーション不足を感じます。まずは治療方法についての問題を書きたいと思います。率直にいって、顔面神経麻痺の治療は神経が動けばいいとしか考えていない先生の多い事に驚かされます。つまり病的共同運動についての問題を認識していないで、治療を加えてゆく先生の多さに絶句している状態です。もっともっと勉強して下さいと患者さんから心の叫びを受止める必要があるのではと感じています。もちろん私だってこの問題に関してただ黙って見過ごしているわけではありません。講師として教育現場においては指導的立場にある関係上、こうした問題については、口を酸っぱくして指導しています。
 そして、病的共同運動を回避するにはどうしたら良いのかを、自らの腕を磨く事によって研究していただきたいと思っております。そういう私もこの病的共同運動を回避するための方法は、様々な方法を使って治療開始から計画をたてておりますが、神経回復時の難関として認識しています。正直に言って難関です。疾病の事を知れば知る程、そう簡単にはいかないと思ってしまう顔面神経麻痺の難しさの1つです。
 総合病院にて中枢神経麻痺の治療を発症期から担当していた時も、同じように神経の治療において難関はいくつもありました。簡単にいかない問題に対して頭を突っ込みたくなるのが私の性分ですから、仕方ないとしてもそうした人たちが私を待っていると考えると『まかしておきなさい!!』とファイトむき出しになるのが私のもう一つの性分です。病気をやっつけに行く事だけに信念を貫く事ができるのも、そうした人たちが私を支えてくれている御陰だなと感謝しています。顔面神経麻痺で治療に訪れたみなさんもそうした声援を私に送ってくれると思うと、私もその難関の突破に向けて全力で力を注ぎ込みます。
 『先生、顔が動き始めました!』という言葉のうれしさに、治療家としていよいよ難関突破に向けての更に気合いが入る瞬間です。

 
病的共同運動の回避のための1つの方法を紹介します
 

 麻痺した神経が動き出すと、特に口元が動き出すと大半の人が、口を引く動作を一生懸命に始めます。私はこうした動作が出始めると、すぐに口元を引く動作を制御させます。こうした動作が特に共同運動を引き起こすものではないかと考えるからです。電気刺激によって顔の表情筋を動かす治療においてもこの点で一致する事と考えています。
 末梢神経の治療において大切な事の1つとして、不要な力学的運動つまり、現在動かせる筋肉を誘導して運動を指示する場合に、回復期の神経伝達が不完全な状態にも関わらず、誤った動作を表現させる可能性が高いという事を常に考えており、あわてずに神経の状態を見極めながら治療を進めます。この事についての詳しいコンテンツは、<顔面神経麻痺を考える21不随意運動と随意運動>にて書いております。
 先にお話しした、口元を引く動作は習慣化し易い動作です。口元を引くにしても必要以上の(目が閉じそうになる)力はよくありません。神経が筋肉を動かす力が出てきたら、こうした点に気を使う事が良いと思います。
 また、力を使う労働で特に<歯をくいしばる>様な労働は、こうした病的共同運動を強調します。例えば畑仕事や土木作業などはこうした問題を抱えますので、麻痺の回復の状況を見据えながらお仕事の内容や復帰を考えるとよいのではと思います。

 
麻痺側の存在感を無くす事
 

 では、すでに病的共同運動が出ている人はどうしたらいいのでしょう。私の治療院には、こうした病的共同運動がすでに出ている人も来ます。その人たちに共通してお話しするのが、麻痺側の存在感を無くす事です。えっ?存在感を無くす?と思われるでしょう。つまり必要以上の力が麻痺側に加わる事において、共同運動が強調されてくるという私の持論において、そうした問題には力を抜くための究極的な発言が非常に理解し易いのです。
 共同運動で悩んでいる方には是非実行する価値はあります。『麻痺側の存在感を無くす事。』です。すると今まで一生懸命に顔に力を入れている動作をしなくなります。この存在感を無くす為には、私は診察において個人個人に治療中に様々なアドバイスをしています。
 確かに実行するには難しいとの声もあがっておりますが、その為に私が診察し管理をしなければならないのですから、文章中の実行指導を受けたい人は御来院下さいませ。

 
 
今後も様々な問題を考えてゆきます
 
 

 顔面神経麻痺に関する問題も、様々なメールの返事をいただくことによって、もっと細かく書きたいところも出ています。今後のコンテンツがまとまり次第にUPしようかと考えています。みなさんの御意見やご質問がありましたら、メールやBBSにてお待ちしております。
 なにぶんにも診療の合間にコツコツ仕上げておりますので、なかなかすぐにUPできない事をお許し下さいませ。皆さんの1日も早い回復を願っております。みなさんと一緒に病気をやっつけに行きたいと思っております。

 

顔面神経麻痺を考える

 このフレームをご利用いただくと、コンテンツ1〜総てまでの閲覧が便利です。

顔面神経麻痺を考える1 総合

 顔面神経麻痺を考えるtop

顔面神経麻痺を考える2 ケア編

 顔面神経麻痺のケアについての特集をしています。お口の体操やマッサージの仕方を載せてありますので、御覧になって下さい。

顔面神経麻痺を考える3 心理編

 顔面神経麻痺を考えるをUPしてから、皆さんからの相談メールが連日の様に届きます。その中には、実は自分の子供、親や兄弟、友達や恋人を心配してどの様にケアしてゆくのか?どう接していったらよいのか?という本人以外の人の問い合わせも多いのです。
 そこで、私が顔面神経麻痺になった時の経験を生かして、お互いにどう接したらよいのかを考えてみました。

顔面神経麻痺を考える4 原因究明編

 皆様の疑問や相談に関してもっとも多かった内容をピックアップして考えています。それにより少しでも皆さんの不安要素の解決につながるお手伝いができたらと思います。

顔面神経麻痺を考える5 後遺症編1

 顔面神経麻痺の後遺症についてのお話です。顔面神経麻痺の患者側にとっての最大のポイントは、後遺症といっても過言ではありません。医療側にとってはその原因追究が主たるもので、症状が落ち着くと神経麻痺の回復がどれだけか評価表をつけるだけの作業の様子。『調子はどうですか?』と聞かれ、答えると『これには時間がかかりますからね〜っ』という返事。
  本当にこんな事で神経は回復するのか?自然に回復するのか?…。

顔面神経麻痺を考える6
 後遺症編 2 
病的共同運動を回避する

 顔面神経麻痺の回復期に起こる共同運動についてのお話、後遺症についての第2弾です。顔面神経麻痺を考えるを執筆する様になって、平成13年の11月にUPした顔面神経麻痺についても今回で6枚目のUPになります。
 病的共同運動については当時からたくさんの質問メールが届いていました。来院される患者さんにも質問を受けてお話をする事も当然多くありました。そんな病的共同運動についての問題は非常に複雑な内容です。

顔面神経麻痺を考える6.1 
後遺症編 3 
病的共同運動を考える

 なぜ?低周波や顔面の運動(自動運動)を推奨しないのかを書きました。実質的に後遺症についてのお話で第3弾です。小児の顔面神経麻痺と合わせてみていただくと理解しやすいと思います。
(H18.3.10up)

顔面神経麻痺を考える7 
小児の顔面神経麻痺 ケア編

 小児の顔面神経麻痺についてケアを中心に書きました。子どもの辛さを具体的に生活を通じての御両親へのアドバイス事項です。大人が子どもの辛さを理解する事で、顔面神経麻痺をやっつけるための内容です。(H18.3.5up)

顔面神経麻痺を考える8 
顔面体操や顔の運動について

 顔面の体操や運動はいけないというお話です。顔面神経麻痺を考える6の問題で病的共同運動を強調させる事なく、回復の経過をみつめる事が重要であると考えています。(H19.3.22)

顔面神経麻痺を考える9 
顔の表情

 顔面神経麻痺になったら、ポーカーフェイスで過ごせという指導に疑問あり。心の問題も抱えるこの病気に、更に追い打ちをかける事は許されない!(H19.5.26)

顔面神経麻痺を考える10
顔の痛み 三叉神経痛

 顔面神経麻痺に出てくる顔の痛みについてのお話です。発症時から出てくる痛みと神経回復と同時に出てくる痛みのお話です。発症時から出る顔の痛みは大勢の人が訴えますが、その痛みはすぐに加療とともに落着いてきます。しかし、三叉神経痛として痛みの出るケースもあるのです。(H19.9.24) 

  顔面神経麻痺を考える<番外編>です。
 (H19.10.27)

顔面神経麻痺を考える12
トリックモーションと共同運動
アブミ骨筋性閉塞性耳鳴り

 アブミ骨筋性の耳鳴り(閉塞感をともなう)について書いています。(H19.12.14)

顔面神経麻痺を考える13
妊娠 出産

 顔面神経麻痺になった、妊婦さんや産後のお母さんのためのコンテンツです。(H20.1.14)

顔面神経麻痺を考える14
小児の生活指南、マッサージ

 小児の顔面神経麻痺2。生活指南と小児の顔のマッサージを書いています。

顔面神経麻痺を考える15 
ホウレイ線 について

 病的共同運動の強調と顔の運動による各筋肉の強調などを考えてゆく上で、こうした状況を少しずつお話ししてゆきたいと思い書いてみました。(H21.4.1)

顔面神経麻痺を考える16
原因究明編2

 ベル麻痺(原因不明)と診断を受けていても、経過の観察次第では違ってきたということもあります。こうしたケースなどは受診した科によって初期診断、検査方法が違う為に起こってきます。私たちは2度とこの麻痺を起こさない様にする為に、自分の麻痺の原因を追求せねば予防には繋がりません。(H22.6.6)

顔面神経麻痺を考える17
末梢性顔面神経麻痺の神経再教育

 末梢性顔面神経麻痺の神経回復時における、病的共同運動の強調をおさえること、これすなわち神経再教育の仕方をどうするかという事を考えなくては治療に結びつく事をができないというお話です。(H22.12.20)

顔面神経麻痺を考える18
回復の兆候

  私の臨床における主観的内容です。麻痺した神経が動き出す前に回復しているとなぜ解るのか。(H23.9.1)

顔面神経麻痺を考える19
回復の条件

 末梢性の顔面神経麻痺を回復させるために必要な条件を考えます。(H23.12.2)

顔面神経麻痺を考える20
不全麻痺と完全麻痺

 末梢性顔面神経麻痺の不全麻痺と完全麻痺について書いています。(H24.6.16)

顔面神経麻痺を考える21
随意運動と不随意運動

 顔を動かすという筋肉 表情筋。その表情筋は随意運動と不随意運動の2つからなる運動を表現している。 (H25.11.21)

顔面神経麻痺を考える22
水痘ウィルス

 水痘ウィルスに関して、私流の解説をしています。(H26.6.18)

 こんた治療院の治療室で、皆さんとお話している事など書いてみました。(H26.10.22)

顔面神経麻痺を考える24
食生活

 食生活について書いてみました。(H27.2.16)

 

 私自身も、この目に見えない得体の知れないストレスにもちろん困惑した事もありますし、他人から見れば何だそんな事と思われる内容であったと思います。いま冷静にその時の状況から分析すると、自分から見ても小さい事であったと認識しています。
 ではなぜそのような事をストレスとして受けとめてしまったのか…、をまずは初めに考えて行きましょう。

 顔面神経麻痺について専用BBSをもうけました。いろいろな事をみんなで話し合えるところを作ってみました。顔面神経麻痺を考えるを読んだ後にでも立ち寄って下さいませ。
  たくさんの人の書込みありがとうございます。みなさんが心から勇気が持てる掲示板になりました。本当に感謝いたします。

ご相談などありましたら、<治療の窓>にメールボックスが設置してあります。





当サイトに掲載のイラスト・記事・写真などの無断転載、無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2001-2017 こんた治療院 All Rights Reserved.