顔面神経麻痺を考える12
  トリックモーションにおける
   共同運動の強調
  アブミ骨筋性(閉塞性)耳鳴り    こんた治療院
 
顔面神経麻痺を考える12
トリックモーション
&
アブミ骨性(閉鎖性)耳鳴り
 

  このお話は、少しばかり難しいお話です。議題にあがるのは顔面神経麻痺における共同運動の強調の解明において、トリックモーションの関与があげられると考えています。
  後半はアブミ骨性(閉塞性)耳鳴りについてです。

トリックモーション

 

 まずは、このトリックモーションについてお話をする必要があると思います。
 このトリックモーションとは、実際の筋肉の行動とは違った(患者の意志とは違う)動きを呈するもので、運動神経を介して行う代償性の運動をトリックモーションと呼びます。そして医療現場では、神経麻痺などにおける筋肉の運動性能を評価する際にこうしたトリックモーションを見抜き評価対象として頻繁にこうした言語が使われます。
 末梢性神経麻痺では手や下肢の運動機能を評価しながら、神経の回復を評価するMMT(徒手筋力テスト)というテストが代表的な評価テストですが、このテストにおいてもトリックモーションという言葉が使われます。

 
顔面神経麻痺におけるトリックモーションと共同運動の強調
 

 私の考えにおいて、顔面神経麻痺における麻痺神経を自己運動を強要させる際に、すでにトリックモーションを起こさせていると考えます。この自己運動の強要にあたる部分が顔の運動です。手や足の末梢性麻痺においては、損傷していない神経を用いて損傷している神経を使わない動作を筋肉が表現する、この動作を見抜く事が我々プロのトリックモーションを見抜く仕事であり、評価の適正であるのですがその動作は支配神経の明確なポイントがあり、教育を受けたものであれば非常に安易にわかりやすいものであります。
 しかしながら、顔面神経麻痺におけるそうした評価が難しい点は、1本の枝から分岐する3本の枝の支配という点です。臨床においてこの3本の枝が同時に回復するというケースは、早期においての回復のみであり、2ヶ月以上経過しているケースでは3本の枝が同時に回復している傾向にあるのは極わずかなものであるように思われます。つまり回復の良い枝と回復のゆっくりな枝が回復時期に存在してくるために、神経の枝の格差が生じてくる。この神経格差が顔におけるトリックモーションへとつながってゆくものと私は考えています。
 顔面神経は脳神経が12対ある中の1つ、そしてそれが脳から末梢へと枝を伸ばし表情筋へとジョイントして脳が感じている事を表情を持って表す事になっています。また、その表情を表す筋肉を使って私たちの生活に必要な動作を自動的(反射的)に行ってくれる機能も備えています。自動的(反射的)に行う動作とは瞬きをする閉眼の動作などです。こうした動作を担当する顔面神経がトリックモーションを引き起こすのは、3本の枝を持つ事と、そのルートが狭く密接である事、そして回復の格差による筋肉の引き合いが脳神経からの伝達ルートを変えるために起こるものであると考えています。
  トリックモーションは一般的に脳からの伝達事項に答えるために代償的に行われる動作です。脳からの伝達は人にとって絶対的服従である伝達事項ですから、通常はその伝達事項は間違いなく神経を通じで伝達されるべき目的地に情報が運ばれてゆきます。ところが、その情報が目的の場所に届く事はできても、正確に実行する事ができない時に、脳からの伝達に対する答えをを欺く形で人は動作をすり替えます。これがトリックモーションです。
 例えば、五十肩で腕のあがらない人に、腕を挙げて下さいと指導すると、身体を横に反らして腕を高く見せる動作をします。実際には肩関節の運動制限を受けていますので、挙上できる範囲は決まっていますが、それ以上挙げるという意識の中では挙上範囲を超えた部分を身体を横に反らして腕を高く見せる動作で代償してきます。これがトリックモーションの動作です。
 顔面神経麻痺の場合は回復期にこうした神経間の回復のばらつき状態があり、そのばらつきの状態ではこうしたトリックモーションが生じやすくなるのではないかと私は考えます。つまり神経回復期においての注意事項として、こうしたトリックモーションから共同運動の強調があるのではと考えています。ですから動くようになった動作を一生懸命優先して使う事によって、混線している可能性の神経ルートを患者が一生懸命動かしている状況があるのではと思われます。実際に医療機関の指導においては顔の運動をしなさいというだけで、その詳しい表情筋の動作を指導できていない事から、こうした状況に陥りやすいと考えています。

 

 
内部的神経混線の可能性
アブミ骨筋性(閉塞性)耳鳴り
 

 顔面神経麻痺におけるアブミ骨の問題については、まずそのアブミ骨の生理的機能を説明する必要があります。アブミ骨は耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)の1つで、中耳の中にあります。耳は外側から外耳(みみたぶ、耳の穴)、中耳(鼓膜の内側〜耳小骨、耳管)、内耳(平衡感覚をつかさどる器官がある)に分かれています。委細器官省略。
  アブミ骨は鼓膜が受けた音波を、アブミ骨底に集中し、音圧を約30倍にも増幅する器官です。そしてこのアブミ骨をコントロールするのがアブミ骨筋で、この筋を支配している神経は顔面神経なのです。コントロールとは過大な音波が鼓膜を振るわす時に、その振動を減弱させるためにアブミ骨筋が作動し、鼓膜からツチ骨、キヌタ骨と伝わった音波をアブミ骨を引き離す事でその調節をする仕事が、アブミ骨筋の仕事です。
 顔面神経麻痺による神経混線におけるアブミ骨筋性(閉塞性)耳鳴りは、このアブミ骨筋のコントロールの不安定におけるものと解釈できますが、このコントロールの本来主軸となるのが反射的仕事における音圧の調整なのですが、顔面神経支配(運動神経)である事と骨格筋(横紋筋)を持ち合わせている性質上自動運動(自分で故意に動かす事)もできる機能も備わっていると考えられます。実際にアブミ骨を自由にならす事ができる人もいます。
 アブミ骨筋性(閉塞性)耳鳴りの症状として、口を動かすことにより耳に閉塞感(外部の音が低下)があり、「ゴッゴッゴッゴッ」という様の音が聞こえるというもので、 「何かが鼓膜を振るわす音」として患者が感じます。この音は、口角を横に開いた状態でキープする、またはウーっと口を尖らせるとこの音が持続します。
  これは、アブミ骨筋が反射的に働くのではなく、故意的に動かす事でアブミ骨筋が反応しているという事です。故意と書きましたが、実際にはみなさんは動かそうとして動かしているのではなく、共同運動により連なって動かされている意識です。つまり皆さんは、勝手に動いていると感じているでしょう。
 また、アブミ骨筋性(閉塞性)耳鳴りの症状を強調させている時に、耳の奥の方に突っ張り感を感じるという訴えを聞きますが、これは顔面神経の下顔面神経(下顎縁枝、頬筋枝、頸枝)と関わりを持つからであると思われ、首筋の筋肉の緊張とも関わりがあるのです。首あたりが引っ張られると感じる事がそれです。
 この様な症状を病院で話したが、「気のせいだ」などといって取り扱ってはくれないというお話を聞きますが、こうした症状が出てくるケースを多く扱っていないという事だけで、実際に顔面神経麻痺になった人の数パーセントと低い数字ではあるが、こうした症状も神経混線から出てくるものであると認識するべきだと思います。


 
臨床的に診た、アブミ骨筋性(閉塞性)耳鳴り
 

 アブミ骨筋性(閉塞性)耳鳴りを訴える患者さんを臨床的に診てみると、顔面神経の回復の速度が遅いケースに多いと感じます。私の考えではこの原因はラムゼイハント型の後遺症ではと思います。水痘ウィルスの末端までの繁殖における神経損傷により、その神経再生の過程での混線ではと考えています。ゆえに回復の緩慢なタイプではこうした末端の神経再生に及ぶ過程の中で細部にわたる問題が起きるのではと思います。
 顔面神経麻痺における虚血型のタイプでは動脈系のトラブルで起こるものは、こうした後遺症は起きずにいるが、ラムゼイハント症候群におけるウィルス型のタイプは神経直接の損傷である事が解っており、神経を直接損傷するタイプの麻痺はこうした状況を回復期に起こしやすいのではと考えます。しかし、ラムゼイハントの診断についても、ベル麻痺との区別の難しいタイプもあり明確な判定が必要な事だと思います。
 アブミ骨筋性(閉塞性)耳鳴りは回復の初期段階から訴えます。麻痺の初期症状にみられる反響音が減弱してくる頃に、自覚的に感じる様です。こうしたことは顔面神経の回復を裏付けている事にもなりますが、一方では混線の問題提議でもあります。

 
顔の病的共同運動強調と同調して、耳鳴りもさらに増大すると考えられる。
 

 こうしたアブミ骨筋性(閉塞性)耳鳴りもやはり、後遺症の1つで強調されるものです。実質的には筋運動におけるアブミ骨筋性(閉塞性)耳鳴りですから、顔が無表情の時には起こらない状況です。顔の筋肉の連動を最小限で押さえる事ができるならば、問題は軽度で済みます。つまり共同運動を強調させる事がこの症状の増大につながる事となると考えます。ここでお話ししておきたいのは、共同運動が混線させるという事ではなく、混線した状況が強調されるというお話であるという事です。

 
ゆえに顔の運動や低周波の治療はこうした人には不適切だといえる。
 

 以前から私が指摘している、顔の運動や低周波の治療はこうしたことを強調させる事ににつながる可能性が大きいということです。

 


シリーズ 顔面神経麻痺を考える

 このフレームをご利用いただくと、コンテンツ1〜総てまでの閲覧が便利です。

顔面神経麻痺を考える1 総合

 顔面神経麻痺を考えるtop

顔面神経麻痺を考える2 ケア編

 顔面神経麻痺のケアについての特集をしています。お口の体操やマッサージの仕方を載せてありますので、御覧になって下さい。

顔面神経麻痺を考える3 心理編

 顔面神経麻痺を考えるをUPしてから、皆さんからの相談メールが連日の様に届きます。その中には、実は自分の子供、親や兄弟、友達や恋人を心配してどの様にケアしてゆくのか?どう接していったらよいのか?という本人以外の人の問い合わせも多いのです。
 そこで、私が顔面神経麻痺になった時の経験を生かして、お互いにどう接したらよいのかを考えてみました。

顔面神経麻痺を考える4 原因究明編

 皆様の疑問や相談に関してもっとも多かった内容をピックアップして考えています。それにより少しでも皆さんの不安要素の解決につながるお手伝いができたらと思います。

顔面神経麻痺を考える5 後遺症編1

 顔面神経麻痺の後遺症についてのお話です。顔面神経麻痺の患者側にとっての最大のポイントは、後遺症といっても過言ではありません。医療側にとってはその原因追究が主たるもので、症状が落ち着くと神経麻痺の回復がどれだけか評価表をつけるだけの作業の様子。『調子はどうですか?』と聞かれ、答えると『これには時間がかかりますからね〜っ』という返事。
  本当にこんな事で神経は回復するのか?自然に回復するのか?…。

顔面神経麻痺を考える6
 後遺症編 2 
病的共同運動を回避する

 顔面神経麻痺の回復期に起こる共同運動についてのお話、後遺症についての第2弾です。顔面神経麻痺を考えるを執筆する様になって、平成13年の11月にUPした顔面神経麻痺についても今回で6枚目のUPになります。
 病的共同運動については当時からたくさんの質問メールが届いていました。来院される患者さんにも質問を受けてお話をする事も当然多くありました。そんな病的共同運動についての問題は非常に複雑な内容です。

顔面神経麻痺を考える6.1 
後遺症編 3 
病的共同運動を考える

 なぜ?低周波や顔面の運動(自動運動)を推奨しないのかを書きました。実質的に後遺症についてのお話で第3弾です。小児の顔面神経麻痺と合わせてみていただくと理解しやすいと思います。
(H18.3.10up)

顔面神経麻痺を考える7 
小児の顔面神経麻痺 ケア編

 小児の顔面神経麻痺についてケアを中心に書きました。子どもの辛さを具体的に生活を通じての御両親へのアドバイス事項です。大人が子どもの辛さを理解する事で、顔面神経麻痺をやっつけるための内容です。(H18.3.5up)

顔面神経麻痺を考える8 
顔面体操や顔の運動について

 顔面の体操や運動はいけないというお話です。顔面神経麻痺を考える6の問題で病的共同運動を強調させる事なく、回復の経過をみつめる事が重要であると考えています。(H19.3.22)

顔面神経麻痺を考える9 
顔の表情

 顔面神経麻痺になったら、ポーカーフェイスで過ごせという指導に疑問あり。心の問題も抱えるこの病気に、更に追い打ちをかける事は許されない!(H19.5.26)

顔面神経麻痺を考える10
顔の痛み 三叉神経痛

 顔面神経麻痺に出てくる顔の痛みについてのお話です。発症時から出てくる痛みと神経回復と同時に出てくる痛みのお話です。発症時から出る顔の痛みは大勢の人が訴えますが、その痛みはすぐに加療とともに落着いてきます。しかし、三叉神経痛として痛みの出るケースもあるのです。(H19.9.24) 

  顔面神経麻痺を考える<番外編>です。
 (H19.10.27)

顔面神経麻痺を考える12
トリックモーションと共同運動
アブミ骨筋性閉塞性耳鳴り

 アブミ骨筋性の耳鳴り(閉塞感をともなう)について書いています。(H19.12.14)

顔面神経麻痺を考える13
妊娠 出産

 顔面神経麻痺になった、妊婦さんや産後のお母さんのためのコンテンツです。(H20.1.14)

顔面神経麻痺を考える14
小児の生活指南、マッサージ

 小児の顔面神経麻痺2。生活指南と小児の顔のマッサージを書いています。

顔面神経麻痺を考える15 
ホウレイ線 について

 病的共同運動の強調と顔の運動による各筋肉の強調などを考えてゆく上で、こうした状況を少しずつお話ししてゆきたいと思い書いてみました。(H21.4.1)

顔面神経麻痺を考える16
原因究明編2

 ベル麻痺(原因不明)と診断を受けていても、経過の観察次第では違ってきたということもあります。こうしたケースなどは受診した科によって初期診断、検査方法が違う為に起こってきます。私たちは2度とこの麻痺を起こさない様にする為に、自分の麻痺の原因を追求せねば予防には繋がりません。(H22.6.6)

顔面神経麻痺を考える17
末梢性顔面神経麻痺の神経再教育

 末梢性顔面神経麻痺の神経回復時における、病的共同運動の強調をおさえること、これすなわち神経再教育の仕方をどうするかという事を考えなくては治療に結びつく事をができないというお話です。(H22.12.20)

顔面神経麻痺を考える18
回復の兆候

  私の臨床における主観的内容です。麻痺した神経が動き出す前に回復しているとなぜ解るのか。(H23.9.1)

顔面神経麻痺を考える19
回復の条件

 末梢性の顔面神経麻痺を回復させるために必要な条件を考えます。(H23.12.2)

顔面神経麻痺を考える20
不全麻痺と完全麻痺

 末梢性顔面神経麻痺の不全麻痺と完全麻痺について書いています。(H24.6.16)

顔面神経麻痺を考える21
随意運動と不随意運動

 顔を動かすという筋肉 表情筋。その表情筋は随意運動と不随意運動の2つからなる運動を表現している。 (H25.11.21)

顔面神経麻痺を考える22
水痘ウィルス

 水痘ウィルスに関して、私流の解説をしています。(H26.6.18)

 こんた治療院の治療室で、皆さんとお話している事など書いてみました。(H26.10.22)

顔面神経麻痺を考える24
食生活

 食生活について書いてみました。(H27.2.16)

 

 私自身も、この目に見えない得体の知れないストレスにもちろん困惑した事もありますし、他人から見れば何だそんな事と思われる内容であったと思います。いま冷静にその時の状況から分析すると、自分から見ても小さい事であったと認識しています。
 ではなぜそのような事をストレスとして受けとめてしまったのか…、をまずは初めに考えて行きましょう。

 顔面神経麻痺について専用BBSをもうけました。いろいろな事をみんなで話し合えるところを作ってみました。顔面神経麻痺を考えるを読んだ後にでも立ち寄って下さいませ。
  たくさんの人の書込みありがとうございます。みなさんが心から勇気が持てる掲示板になりました。本当に感謝いたします。

ご相談などありましたら、<治療の窓>にメールボックスが設置してあります。





当サイトに掲載のイラスト・記事・写真などの無断転載、無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2001-2017 こんた治療院 All Rights Reserved.