顔面神経麻痺を考える15
 ホウレイ線の強調の原因   こんた治療院
 
顔面神経麻痺を考える15
ホウレイ線

 

 今回のお話は、顔面神経麻痺の回復時におけるホウレイ線の強調のお話です。私が顔のリハビリと称した運動をやってはいけないと言っている理由の1つでもある内容です。病的共同運動の強調の回避はどうするのか?という事に1つの私の考えとしてホウレイ線に関してコンテンツを書いてみました。
 

 ホウレイ線とは
 
 私たちの医学用語ではこの<ホウレイ線>は鼻唇溝(びしんこう)と呼んでいます。一般的には加齢によってその筋(すじ)は強調される線であることから、役者さんなど人を老けさすメイクには影を強調させる場所です。このホウレイ線は唇のまわりの口輪筋と小頬骨筋、大頬骨筋、頬筋、上唇挙筋、上唇鼻翼挙筋などの筋構成によって形成される線です。
 

ホウレイ線とそれを構成する筋肉を、みてみましょう
1
眼輪筋
2
上唇鼻翼挙筋
3
上唇挙筋
4
小頬骨筋
5
大頬骨筋
6
口輪筋
7
笑筋
8
口角下制筋
9
口角挙筋
10
咬筋
11
頬筋

 ホウレイ線の強調と筋肉の関係
 ホウレイ線が濃く見えるのは、どうしてなのかを解説します。
 
 顔面神経麻痺におけるホウレイ線の強調は一言でいえば、神経回復時における病的共同運動の仕業であるといえますが、私はこのホウレイ線の強調においてもう一つ踏み込んだ考えをお話しいたします。それは自然にも老化という過程においてもこのホウレイ線が深くなるという事実をふまえての話です。
  臨床観察からこうしたホウレイ線の強調を診てゆくと、口輪筋の緊張との関係が見えてきます。つまり口輪筋の生理的緊張が失われている場合に、このホウレイ線が強調する条件を生み出すということです。老化においてのホウレイ線の強調は、左右のホウレイ線が強調されてきます。この事は、口輪筋とそれに付着している小頬骨筋大頬骨筋、頬筋、上唇鼻翼挙筋の関係にあると考えられます。
 口輪筋の仕事は、唇を閉じる事です。老化における口輪筋の筋力低下(筋緊張低下)や歯並びを主体とした口腔内の形態の変化(例として、入れ歯除去後の口輪筋にできるしわ)において口輪筋のゆるみが見られます。するとこの時に顔面の表情として、同時にホウレイ線が強調されて見えるのです。
 頬筋の仕事は頬をふくらまし、口の中の食べ物などが上手に噛める事をサポートします。顔面神経麻痺になると、この頬筋も麻痺し口の中をしばしば噛んでしまいます。頬筋は口輪筋に付着しています。口輪筋に付着する総ての筋肉は、唇を放射線状に開くために仕事をします。
 老化時の状況としては、口輪筋が緩み、その他の小頬骨筋大頬骨筋、頬筋、上唇鼻翼挙筋は正常を保っているが、その状況としては頬筋を中心に頬が引き上げられている状況であり、結果的にホウレイ線が強調されていると考えます。
 
 麻痺している口輪筋
 
 顔面神経麻痺の回復時におけるホウレイ線の強調の1つは、この口輪筋の病的弛緩(麻痺)が原因です。
 頬筋をはじめとした口を放射線状に開く筋肉の麻痺が解除され動き出している状況で、口輪筋の回復が遅れている状況の中でこうした顔の表情はホウレイ線を強調する条件ができているのです。そしてこの口輪筋が回復してくると、ホウレイ線も落ち着きを取り戻すという論理になりますが、そこが上手に行かないのが、顔面神経麻痺の回復時における病的共同運動の合併症の介入なのです。
  私が顔面神経麻痺において、リハビリと称した顔の運動を推奨しないのはここにもポイントがあります。口輪筋の回復が遅い時期に頬筋を使ったリハビリ的運動の繰り返しをしてしまうと、自ら神経混線を助長する可能性があるのです。またこの状態で、口輪筋が回復したとしても頬筋がノーマルの緊張状態にない(病的共同運動における頬筋の過緊張)が生じている場合は、ホウレイ線が強調された顔になっているのです。
 
 神経の回復序列と口輪筋回復
 神経の回復の仕方を枝の長さ(距離的)で説明するならば、回復は神経が侵された部分から末梢へと回復してゆきます。このことから、口輪筋を正常に動かす事に到達できるのは顔面神経の枝の末端であることから、非常に時間がかかる道のりである事がわかります。
  不完全麻痺の場合はこの状態ではなく、筋肉を動かす力はないものの神経そのものは伝達意識が残っているケースで、2、3週間程度で筋肉を動かすまでになってきます。
 完全麻痺の場合は、顔面神経の最上部から侵された場合には、口輪筋のある末端に到達するには、1日1ミリとした教科書上の回復の指標を示す言葉を借りるならば、有に3ヶ月以上かかることになります。
 臨床からみると口輪筋が動く前に頬筋の動きが先に出てる事がほとんどなのは、神経の枝ぶりからすると、まずは頬筋が先に回復優先順位があります。その先に口輪筋へと神経は枝を延ばしている様に口輪筋へとつながっています。
 順調に神経枝に沿って回復するならば、ホウレイ線が例え一時期強調されている様に見えても、その先の口輪筋を正常に動かす事になれば、ホウレイ線は左右ともに安定した状態を保てるという論理になります。
 
 同時に起きている合併症との兼合い

 

 口輪筋とともに口角を不随意に動かす運動が、顔面神経麻痺の合併症で出ている人もいます。ジストニアとよばれる局所の神経痙攣です。神経が再生される過程において何らかの問題が生じているために、神経の伝達がこうした不随意運動を起こしたもので、顔面神経麻痺の再生時に口角を不随意に引く動作が現れます。重度のケースによってはこの痙攣が持続的に起こるものもあり、顔面神経痙攣として診断されています。軽度であれば口輪筋の回復とともに、それほど気にならない程度になります。
 
 麻痺の後遺症の回避は

 

 麻痺の治療と一口に言っても、ただ神経が動けば良いという時代は終わっているのだと私は言いたいのです。単に「麻痺にはこの治療が効くよ!」という言い方は専門家ならなおさら良くない言い方だと考えています。私たちは、その治療が何のために、どのように効果をあげてゆくのかを患者さんへきちんと説明をしなければいけません。
 この顔面神経麻痺の治療においても、各経過の過程において今自分がどのような状況下で治療が進んでいるのかを、きちんと担当の先生に説明を受けながら回復までの時間を過ごす事がとても大切になってきます。こうした説明がなく、ただ黙って治療をしているとしたら、様々な問題となって自分の身に降り掛かってきます。顔面神経麻痺には後遺症という問題がある以上は、こうした問題を最小限に回避する事がとても大切であり、その努力(ケア)が大切なのです。
 ならば、顔面神経麻痺になったみなさんも、ある意味そうした知識を持つ事が後遺症への回避に役立つという事だと私は考えています。      
                              こんた治療院 院長
 


顔面神経麻痺を考える

 このフレームをご利用いただくと、コンテンツ1〜総てまでの閲覧が便利です。

顔面神経麻痺を考える1 総合

 顔面神経麻痺を考えるtop

顔面神経麻痺を考える2 ケア編

 顔面神経麻痺のケアについての特集をしています。お口の体操やマッサージの仕方を載せてありますので、御覧になって下さい。

顔面神経麻痺を考える3 心理編

 顔面神経麻痺を考えるをUPしてから、皆さんからの相談メールが連日の様に届きます。その中には、実は自分の子供、親や兄弟、友達や恋人を心配してどの様にケアしてゆくのか?どう接していったらよいのか?という本人以外の人の問い合わせも多いのです。
 そこで、私が顔面神経麻痺になった時の経験を生かして、お互いにどう接したらよいのかを考えてみました。

顔面神経麻痺を考える4 原因究明編

 皆様の疑問や相談に関してもっとも多かった内容をピックアップして考えています。それにより少しでも皆さんの不安要素の解決につながるお手伝いができたらと思います。

顔面神経麻痺を考える5 後遺症編1

 顔面神経麻痺の後遺症についてのお話です。顔面神経麻痺の患者側にとっての最大のポイントは、後遺症といっても過言ではありません。医療側にとってはその原因追究が主たるもので、症状が落ち着くと神経麻痺の回復がどれだけか評価表をつけるだけの作業の様子。『調子はどうですか?』と聞かれ、答えると『これには時間がかかりますからね〜っ』という返事。
  本当にこんな事で神経は回復するのか?自然に回復するのか?…。

顔面神経麻痺を考える6
 後遺症編 2 
病的共同運動を回避する

 顔面神経麻痺の回復期に起こる共同運動についてのお話、後遺症についての第2弾です。顔面神経麻痺を考えるを執筆する様になって、平成13年の11月にUPした顔面神経麻痺についても今回で6枚目のUPになります。
 病的共同運動については当時からたくさんの質問メールが届いていました。来院される患者さんにも質問を受けてお話をする事も当然多くありました。そんな病的共同運動についての問題は非常に複雑な内容です。

顔面神経麻痺を考える6.1 
後遺症編 3 
病的共同運動を考える

 なぜ?低周波や顔面の運動(自動運動)を推奨しないのかを書きました。実質的に後遺症についてのお話で第3弾です。小児の顔面神経麻痺と合わせてみていただくと理解しやすいと思います。
(H18.3.10up)

顔面神経麻痺を考える7 
小児の顔面神経麻痺 ケア編

 小児の顔面神経麻痺についてケアを中心に書きました。子どもの辛さを具体的に生活を通じての御両親へのアドバイス事項です。大人が子どもの辛さを理解する事で、顔面神経麻痺をやっつけるための内容です。(H18.3.5up)

顔面神経麻痺を考える8 
顔面体操や顔の運動について

 顔面の体操や運動はいけないというお話です。顔面神経麻痺を考える6の問題で病的共同運動を強調させる事なく、回復の経過をみつめる事が重要であると考えています。(H19.3.22)

顔面神経麻痺を考える9 
顔の表情

 顔面神経麻痺になったら、ポーカーフェイスで過ごせという指導に疑問あり。心の問題も抱えるこの病気に、更に追い打ちをかける事は許されない!(H19.5.26)

顔面神経麻痺を考える10
顔の痛み 三叉神経痛

 顔面神経麻痺に出てくる顔の痛みについてのお話です。発症時から出てくる痛みと神経回復と同時に出てくる痛みのお話です。発症時から出る顔の痛みは大勢の人が訴えますが、その痛みはすぐに加療とともに落着いてきます。しかし、三叉神経痛として痛みの出るケースもあるのです。(H19.9.24) 

  顔面神経麻痺を考える<番外編>です。
 (H19.10.27)

顔面神経麻痺を考える12
トリックモーションと共同運動
アブミ骨筋性閉塞性耳鳴り

 アブミ骨筋性の耳鳴り(閉塞感をともなう)について書いています。(H19.12.14)

顔面神経麻痺を考える13
妊娠 出産

 顔面神経麻痺になった、妊婦さんや産後のお母さんのためのコンテンツです。(H20.1.14)

顔面神経麻痺を考える14
小児の生活指南、マッサージ

 小児の顔面神経麻痺2。生活指南と小児の顔のマッサージを書いています。

顔面神経麻痺を考える15 
ホウレイ線 について

 病的共同運動の強調と顔の運動による各筋肉の強調などを考えてゆく上で、こうした状況を少しずつお話ししてゆきたいと思い書いてみました。(H21.4.1)

顔面神経麻痺を考える16
原因究明編2

 ベル麻痺(原因不明)と診断を受けていても、経過の観察次第では違ってきたということもあります。こうしたケースなどは受診した科によって初期診断、検査方法が違う為に起こってきます。私たちは2度とこの麻痺を起こさない様にする為に、自分の麻痺の原因を追求せねば予防には繋がりません。(H22.6.6)

顔面神経麻痺を考える17
末梢性顔面神経麻痺の神経再教育

 末梢性顔面神経麻痺の神経回復時における、病的共同運動の強調をおさえること、これすなわち神経再教育の仕方をどうするかという事を考えなくては治療に結びつく事をができないというお話です。(H22.12.20)

顔面神経麻痺を考える18
回復の兆候

  私の臨床における主観的内容です。麻痺した神経が動き出す前に回復しているとなぜ解るのか。(H23.9.1)

顔面神経麻痺を考える19
回復の条件

 末梢性の顔面神経麻痺を回復させるために必要な条件を考えます。(H23.12.2)

顔面神経麻痺を考える20
不全麻痺と完全麻痺

 末梢性顔面神経麻痺の不全麻痺と完全麻痺について書いています。(H24.6.16)

顔面神経麻痺を考える21
随意運動と不随意運動

 顔を動かすという筋肉 表情筋。その表情筋は随意運動と不随意運動の2つからなる運動を表現している。 (H25.11.21)

顔面神経麻痺を考える22
水痘ウィルス

 水痘ウィルスに関して、私流の解説をしています。(H26.6.18)

 こんた治療院の治療室で、皆さんとお話している事など書いてみました。(H26.10.22)

顔面神経麻痺を考える24
食生活

 食生活について書いてみました。(H27.2.16)

 

 私自身も、この目に見えない得体の知れないストレスにもちろん困惑した事もありますし、他人から見れば何だそんな事と思われる内容であったと思います。いま冷静にその時の状況から分析すると、自分から見ても小さい事であったと認識しています。
 ではなぜそのような事をストレスとして受けとめてしまったのか…、をまずは初めに考えて行きましょう。

 顔面神経麻痺について専用BBSをもうけました。いろいろな事をみんなで話し合えるところを作ってみました。顔面神経麻痺を考えるを読んだ後にでも立ち寄って下さいませ。
  たくさんの人の書込みありがとうございます。みなさんが心から勇気が持てる掲示板になりました。本当に感謝いたします。

ご相談などありましたら、<治療の窓>にメールボックスが設置してあります。




当サイトに掲載のイラスト・記事・写真などの無断転載、無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2001-2017 こんた治療院 All Rights Reserved.