各コンテンツは、説明の文章が多い為、画面を横向きで観ていただく事を推奨いたします。


 橈骨神経、とう骨神経
 橈骨神経麻痺2
 橈骨神経麻痺のリハビリ   こんた治療院

  

 <橈骨神経麻痺を考える>その2で、骨折による橈骨神経麻痺にふれてみたいと思います。来院された皆さんの勧めで今回の執筆にいたりました事を感謝申し上げます。

 骨折による神経損傷

 骨折による神経への損傷は、特に上肢や下肢の場合は神経麻痺という状態になります。上肢ならば橈骨神経、尺骨神経、正中神経といった神経の損傷により支配する筋肉の運動が満足にできなくなります。
 昨今は整形外科の技術の進歩とともに、骨折の整復術も変化している事は私もお話をうかがっております。しかしながら、この上肢の神経麻痺の治療においては患者の回復を見守る事のほうが多いことも事実だという事が、今日まで私の治療院に訪れた患者さんの意見に多くありました。
 その神経麻痺においては合併症(関節の拘縮、筋萎縮など)の予防と神経回復を目的に、理学療法が積極的に施されておりますが、私のところへ来る方のほとんどが4ケ月以上何も変化がないという人がほとんどです。 リハビリの目的や治療方法は私も知っています。もちろん早期に回復された方はその様な治療が功をそうしたものと思っております。しかし、長期に渡って回復傾向がみられない神経麻痺には成す術はあるのでしょうか?

 鍼治療が神経回復には優れている

 もちろん私はそういったケースでも鍼治療を勧めます。私は自分の臨床を通じてこのようなケースで効果が期待できる事を確信しています。はじめにこう説明しておきましょう。

  外科手術のアプローチ

 私のところへ治療に見える前に、まずお電話やメールで確認したい事があります。それは手術痕です。上腕の手術のアプローチ場所が何処なのかを教えていただいております。私の治療の際に使用する経穴(つぼ)の直上に手術痕があると治療しにくいという事があります。多くの場合はその手術は上腕の後面からメスが入っていますので、ほとんどのケースでは治療可能になっていますが念のために確認をとっています。

 前腕にかけての状況

 長期間の麻痺が続いている人の多くが、手首より先のいわゆる手掌全体が腫れています。これは筋運動が不完全な為に静脈血の血行が極端に悪くなり、各小関節の動きが不十分な為に軽度の関節拘縮から引き起こされた合併的な症状の現れです。このような状況では、鍼治療に加えてマッサージを併用して血行改善をうながします。もちろん小関節の他動運動も同時に行い、神経回復と同時に神経が動かすべき組織機関も来るべき神経回復に備えておかなければなりません。いいかえれば実はこのような作業が今まで不十分であると思われるのです。

 骨折による橈骨神経麻痺の鍼治療

 そのうち回復するだろうという考えはいけません。術後1ヶ月も経過した状態ならば、すでに鍼治療の適応と考えていただいて結構です。抜糸後から治療ができます。専門の知識を持っている、しっかりした治療院で治療を受けていただきたいと思います。
 また、自宅でケアできる事を簡単に紹介してありますので、参考にして下さい。橈骨神経麻痺の注意事項は、<橈骨神経麻痺を考える>に記載してありますのでこちらも参照してくださいませ。

 自分でできる マッサージケア

 1日3回を目やすに10分間ほどマッサージをすることをお勧めします。少しづつの積み重ねが麻痺の改善へとつながって行きます。神経支配の筋肉や関節の環境を少しでも良くしておく為に最低限のマッサージを紹介します。もちろん専門的には多彩な方法を使いますが、いつでもどこでもできる方法として御活用下さい。

軽擦法(けいさつ)

 まずは麻痺している手首から肘にかけて柔らかく擦りながら撫で上げます。目的は血管を刺激し循環を促し、むくみや腫れを除去させます。
 軽擦をくり返すと患部に温かい感じがしてきますので、とても気持がよいです。軽擦の強さはこういった感じで、気持のよい程度で切り上げます。

圧迫法

 今度は腕を掴むようにして軽度に圧迫しながら、肘に向かって4点程度ぎゅっとアクションを加えてのぼってゆきます。

 手首は個別に慎重に柔らかく軽擦を入れます

 手関節は垂れ下がったまま持ち上げる事ができないために、ここから先の手背や指先に特に血行障害が出現してきます。手関節の後面(手掌側)も同じように軽擦をします。
  手首は非常に捻挫しやすくなっているので、普段の生活にも注意が必要です。

指に関して

 健側の手で柔らかく指の1本1本丁寧に圧迫を加えながら擦ります。指の付け根から指先に向けて、ぎゅっと絞り込むように行います。
 特に麻痺の影響が出ている親指と人さし指を入念に行いましょう。

自分で運動をしてみよう  橈骨神経麻痺の自主訓練法

 上の写真は橈骨神経麻痺における運動機能の障害を指しています。麻痺した手首は背屈障害を呈しています。このような状態では重力に反して手首を反らす事ができません。そしてこの状態で無理矢理に背屈させようとしても、代償性運動といって力の入るところにのみ運動がみられます。橈骨神経麻痺の場合は指先が反り返り、手掌が膨らむ感じの手になってしまいます。このような状態ではよいリハビリはできません。まずは重力が加わりにくい状態にして運動を開始します。以下の写真を参考にして下さい。

  訓練に際して

 麻痺の運動訓練は非常に忍耐力が必要になります。動かないものを動かして行く事はとてつもなく辛いものです。私のコンテンツは教科書のように堅苦しいものではありませんので、実際にみなさんがチャレンジしながらの想定を書いております。
 毎日コツコツと動かす事によって回復が早くなる事は間違いありません。しかし気分か乗らない時には、その時間はお休みしてぼちぼちとすることが大切です。気分転換も大切なリハビリだと前向きになることが大切です。あきらめずリハビリをしてゆきましょう。

  お風呂の中でも実行してみましょう

 お風呂の中でも上記の訓練をしてもgoodです!お水の中では重力はかかりませんので運動はしやすいです。でものぼせに注意することは言うまでもありませんね。
 けっこうリラックスして運動ができるのが、お風呂の中でもあるんです。1日の疲れをとりながらといったところでしょう。
  さあ!気分をとりなおして今から始めてみましょう!!



 以下は橈骨神経麻痺を考えると重複する内容です
 骨折手術(プレート固定、随内釘)処置後の橈骨神経麻痺
 既往歴談
 Sさん(30代)の場合

 腕相撲により、上腕骨骨折。手術によりプレートで骨折部位を固定、術後に橈骨神経麻痺を発症したと思われる。思われると書いた理由は、こうしたケースで注目すべきは、Drの診断観察能力の問題で、診察時に上腕の骨折ばかりに気を取られていて神経の損傷の有無を手術前に明確に診断していない事が多い、ゆえに手術前から麻痺を起こしていたのか、手術後に起こったのかあやふやな説明のケースが後を絶たない事が私の聴取で多い。結果的に手術後であった可能性が高い事になるのは、その神経麻痺が回復に向かうからである。もし、骨折によって神経を損傷していたならばその回復のパセンテージは著しく低くなるはずであるからである。
 Sさんは、抜糸前に私の所へ来院し患部を直接診せに来ていただき、治療を開始する事になりました。その際に私が指摘した事は、手術した上腕部にはっきりと内出血の跡があった事、手術時間の予定時刻を大幅に過ぎていた事、加えて上肢全体の浮腫と指先の異常な浮腫、つまり手術中の著しい内部の血行障害によって問題が発生したものではないかという事、神経に直接影響する責任血管の問題があったのではないかと想像しました。要するに神経の直接の損傷でなければ、早期に浮腫の改善を行い、細かい血管の再生、不全状態の神経を極端な虚血状況から救う事が必要であると、その先に神経回復が主である事はもちろんの事です。結果的にはこのケースは回復しましたが、非常に困難を強いられたケースであった事も事実。上肢の浮腫を排除しながらのケースは、他にも経験が多いのですが時間的リミットもあると考えていますので、その間に神経の環境も最低限の保持が必要となると考えています。
 後日談ですが、医者も鍼治療の効果を認めて、私のHPを検索していただき、ほっと胸をなでおろした様だったとの事です。お役に立てて何よりです。

 Vさん(30代)の場合

 骨折後のプレート手術にて橈骨神経麻痺を起こし、3ヶ月動かないとの事で来院。診察すると上腕部肘関節部に、1センチプレートが飛び出した形で固定されていました。さらに肘関節の可動域も合併的に長期間動かさないために関節の拘縮が発生、加えて肩関節の可動域も制限を受けて痛みが出ている状態でした。原因は、肘関節屈曲位固定(肘が伸ばせないため屈曲位に常時している事、さらに三角巾による固定もあって肘関節、肩関節の拘縮が出ているものと考える。
 このケースはプレートを抜去する予定との事であるが、骨のつき具合が悪いとの事で手術を見送っているとの事、さらに橈骨神経麻痺を起こしている為に手関節はドロップハンド、肘関節屈曲位、肩関節固定による関節可動域制限は慢性の肩関節炎を誘発して痛みが出ている状況でした。病院でのリハビリテーションは温熱療法と軽度のマッサージのみ。明らかに保存的な方法に疑問が残るケースでした。すぐさまに、治療プログラムにこれらのケアリングとリハビリテーションプログラムを加えて、神経回復のための治療を始める。それは、橈骨神経が回復しても関節が拘縮していては、関節を動かす事ができないのであっては、完全な上肢の回復とはいえないからである。早速治療を開始しながら、回復の様子を見ると、本人も納得の状況になって、橈骨神経も回復、三角布も外せる様になる。その後、プレート除去手術を行い、肘関節の完全可動域を確保する治療を行い完全治癒に至る。
  非常に治療の作業が複雑であったケースですが、病院でのリハビリテーションプログラムにも疑問があったので、至極一般的なプログラムをこちらから加えて行ったものです。理療科の混雑もあってなのか??複雑なケースに簡単な理療しか適応しないのはおかしいと思えるもので、ご本人にも医師に相談するべきとのお話をしましたが、一向に対応は変わらずとの事で、対応能力の問題ありと考えています。通常の理学療法士がしっかりしている病院ならば問題なくリハビリしているはずで、私は鍼治療のみすればよいという事で済んだというお話もしておきましょう。

 Jさん(60代)の場合

 転倒後に上腕肩関節部複雑骨折により手術、オペ後に橈骨神経麻痺を発症。上腕部及び前腕部にまで浮腫が著しい状態で来院。肩関節はオペにて可動域制限を受けている状態。術後4ヶ月未だ橈骨神経の動きは無い為に来院。早速治療に取りかかる。まずはやはり、浮腫の除去が最優先課題になる。上肢に麻痺特有の臭い(細菌の繁殖による独特の臭い、片麻痺患者にみられる)が出ているために、神経が完全に落ちているつまり完全麻痺の状態である事がわかる。神経内部の変性状況は極めて深刻な状態と思われる。このケースも浮腫の除去に時間がかかった。浮腫の軽減と共に無事に神経は回復したが、年齢の事もあり手首以下関節の拘縮で細かい動きが出きる様にするのに時間を要したケースでした。
 病院では早々に治療を打ち切られてしまい、まだ麻痺の残った状態で保険適応も打ち切られてしまったそうです。自分で発起して鍼治療を受ける事をして結果が出たという事でしょう。しかし、残された猶予時間も実際はあると考えられるので、もっと遅くに来ていたら治癒は簡単ではなかったと思うケースです。

  コメント

 手術後の橈骨神経麻痺に関しては、みなさん担当Drとの関係を問題にしている様です。ここでは詳しい事は書きませんが、そうしたリスクもあるという事も説明してある事と、神経には傷をつけていないのでいずれ治るはずだという事を繰り返し話すだけとの事で、らちの開かない事に不安でいるケースがほとんどです。理学療法においても、問診すると満足な方法を使わない簡単療法で終わっているという状況です。神経が回復すると担当Drは、言ったとおり良くなって来ましたね。と話すそうですが、患者さんからの強い意見として鍼治療をしたからですよ!先生は言うだけで何もしていないと話すと、正直に鍼治療の効果を認める先生もいる様です。先生もきっと神に祈っていたんでしょうね。でも、私がここで言いたいのは、患者さんの皆さんが、がんばったからだという事です。鍼治療は神経麻痺に効くなんてことは、私にとっては重要ではなく、みなさんがそれによって回復したという事で満足なのですから、それで良いと思っています。もし、そうした事で悩んでいる人がいたら、是非とも鍼治療したいただきたいと思っています。

 橈骨神経麻痺を考える2を執筆するにあたって

 私のHPは、みんなで創るホームページがテーマです。今回の橈骨神経麻痺については、もちろん鍼治療を進めながら自宅でも自分でリハビリをするという内容は来院した人への私のアドバイスや、メール相談で1番多かった内容を参考にしました。
 私はいつもみなさんに心動かされるままにコンテンツを執筆いたします。これからもこのような姿勢はきっと必要としていただける人がいると信じ、残る細かい点など次回のコンテンツに生かしたいと思っています。また、みなさまからの質問のメールなどありましたら遠慮なく送ってくださいませ。



 関連コンテンツの御紹介


 このコンテンツについて、お悩みや御相談がありましたら 、治療の窓の掲示板、メールなどから、お気軽にお問い合わせ下さい。院長がお返事いたします。



メール相談
掲示板で質問したい



 コンテンツ紹介


 


神奈川県小田原市栢山2910-11
こんた治療院 tel 0465-37-2299







当サイトに掲載のイラスト・記事・写真などの無断転載、無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2016 こんた治療院 All Rights Reserved.